呪術廻戦 261話 ネタバレ|宿儺の片割れの術式が虎杖に発現する?

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

宿儺戦に参戦してきたミゲル。

ミゲルの術式は、自らの身体能力を向上させるものだと判明しました。

実際に戦いの中で、宿儺に素手でダメージを与えています。その力は、五条に「点の動きなら負ける」と言わしめるほどです。

しかし、この後、宿儺が反転術式の出力を取り戻す可能性が出てきました。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

その場合に備えて、ミゲルは実は黒縄(こくじょう)を母国から持ってきているのではないでしょうか。当初はもうないとされていましたが、乙骨との旅の中で黒縄を探すというミッションも五条から出されていました。

「あらゆる術式効果を乱し相殺する」という効果を持つ黒縄。それにより、五条の無下限術式を封じることで互角に渡り合っていました。

宿儺との戦いで、ここぞというときに黒縄を使用する可能性があるのではないでしょうか。

にてミゲルは、夏油を王にするとして敵対していた存在でした。しかし、夏油の敗北後、なぜか乙骨を押し付けられともに海外へ。

二人の関係はそこから始まったと考えられます。りかちゃんが成仏したことにより、特級から4級術師に下がっていた乙骨ですが、再び特級に返り咲いています。

このことから、海外でのミゲルとの修業が今の乙骨を作り上げているといっても過言ではないでしょう。

現在、乙骨は宿儺の攻撃を受けて離脱していますが、ミゲルの登場により再び参戦へのフラグが立っているのではないでしょうか。

Has [SPOILER] Really Returned In Jujutsu Kaisen?

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|憲紀の思い込みは晴れる?

重傷を負いながらもなんとか生き延びた憲紀。

真希からの「らしくない」の一言が印象的だったね。

憲紀は当主になれなかった自分に価値はないと判断しているけど、母親サイドは早く帰ってきてほしいという意味でつけた忌み名。

双方の感情にズレが生じているけど、ちゃんと話し合えば修復できる問題だよね。

真希のアドバイスが素敵だったね。

どんなタイミングで憲紀がきちんと母親と話し合える機会を作れるといいね。

当主になれなければ価値がないなんて、悲しすぎるよね。

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|虎杖に刻まれた術式

不完全とはいえ、脹相の術式であった”穿血”を使えるようになっていた虎杖。

様々な修行をしてきたと思われる虎杖の新技がやっと発揮され、これからの覚醒を示唆していそうだね。

その中で一番期待したいのは、虎杖の体に刻まれているとされる宿儺の術式。

以前、宿儺が虎杖に受肉していた時に五条が宿儺の術式について語っていた。

その中で発現されるものとして”フーガ”の可能性が高いのではないかな。

“穿血”と似たような形態のもので、虎杖が吐き出す血液は爆発的な力を持っていた。

自分の血液を媒体とし、”穿血”と”フーガ”を併せ持った術式が虎杖の術式として発現するんじゃないかな。

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|ミゲルとラルゥ

一時的に宿儺戦の加勢に現れたミゲルとラルゥ。

ラルゥは宿儺の攻撃をもろに受けてしまったため、重傷だ。

ただ、最後に宿儺に隙を作るために術式を使用し、大きな役割を果たしてくれたラルゥ。

これで二人の役割としては終わりになるんじゃないかな。

もともと条件付きでの参戦だったから、虎杖が覚醒したことで撤退すると思うよ。

Jujutsu Kaisen: Could Gojo Actually Kill Fushiguro?

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|五条の復活

以前宿儺によって体を真っ二つにされた五条。

その後は憂憂の術式によって、五条の体は家入のもとに送られたと考えられ、応急処置が行われていたんじゃないかな。

学生時代に伏黒甚爾との戦いで死亡したとみられていた五条が、土壇場で反転術式を習得したことにより、生き延びていたことがあった。

その時、伏黒甚爾に対して首を斬り落としていなかったことが敗因だと五条は言っている。

そして宿儺による死亡シーンも体が真っ二つになっているけど、首は切られていなかった。

これによって、再び一命を取り留めた五条は戦いに戻ることができたんじゃないかな。

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|宿儺の片割れの術式が虎杖に発現する?

虎杖の父親が、宿儺の片割れの生まれ変わりと判明した。

それにより、裏梅も感じていたように、虎杖自身に宿儺と同等の潜在能力を秘めている可能性があるかもしれない。

宿儺とまったく同じ術式を発現する、もしくは片割れに宿るはずだった術式が虎杖に現れるかもしれない。

そうなれば、術式の粗さはあるものの、宿儺にとってより脅威となると思われる。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|高羽は眠ったまま?

羂索との戦いを終えた高羽は、白装束に身を包んで眠っていた。

首を斬られた羂索が、高羽の姿を見て述べた一言がとても印象的だった。

もっと違う形で出会えていれば、間違いなく良い友人になっていたはずだ。

羂索にこんな思いをさせた高羽は超レアキャラだと言えるだろう。

そんな高羽だけど、このまま出番はないのかな?

羂索に隙を作り出すことに成功したので、これで役割が終わっても良さそうだけど、宿儺の場合だとどうなるのかも気になるな(笑)

しかし高羽と宿儺では、力量が違い過ぎて鼻からダメなのかもしれないね。

とにかく、また高羽のネタが見たいな。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|死滅回游の終結が最終話?

羂索によって、死滅回游を終わらせるルールが制定された。

これにより、死滅回游の終わりが見えてきたけど、羂索の死滅回游を終わらせるために定めたルールの厳しさ…w

“羂索と宿儺以外の術師の死”ってもう最終章じゃないですか!?って感じだね。

呪術廻戦も後1年で終わると少し前から言われていたから、死滅回游が最終章と考えてもいいのかな?

最初と比べると主要メンバーはかなり削られてしまったから、死滅回游のその先がまだあると考えると、こちらの精神がもたないかもしれないねw

死滅回游を無事に終わらせて、いい感じの結末を迎えてほしいな。

呪術廻戦にいい感じの結末があるとは考えにくいけど、ハッピーエンドが好きな筆者の願望だ。

どうかこれ以上の犠牲が出ないことを願います。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|釘崎野薔薇の死亡説が濃厚?

久々に釘崎野薔薇のショットがあったね。

でも、それと同時に悠仁から意味深な発言があったよね?

悠仁が「釘崎の代わりみたいになるのが怖くなった」と発言していて、この言葉で釘崎の死亡が確定したのでは?って噂されているんだ。

確かに、悠仁の発言を聞いた伏黒も苦い表情を浮かべていたから、釘崎が生きている可能性は低いと感じるよね。

でも釘崎の死を決定づける証拠が出てきていないし、呪術界が混沌としている現状から、悠仁たちも状況を把握しきれてないかもしれないよ。

だから、まだ釘崎の死が確定したとは言えないんじゃないかな。

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

結論

  呪術廻戦 258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

Related Posts

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がなかった。 ここで悠仁と伏黒の間に大きな差がはっきりした。 悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがあったが、伏黒にはそれはなかった。 悠仁にとっては大誤算だったんじゃないかな? 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  そんな伏黒だけど、もう復活のチャンスはないのかな? 状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているから、もう伏黒を救う余裕はなさそうだけど、悠仁を救ったのは伏黒だった。 悠仁が伏黒を見捨てるとは思えない。 可能性は低そうだけど、まだ伏黒の復活に期待してもいいのかな!? 宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の走馬灯。…

呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw English

[呪術廻戦 263話 Raw] – Jujutsu Kaisen 263 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 27, 2024). Please continue to follow us for the…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|リカは登場できない?

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨は術式が解けたら死亡すると考察しています。 乙骨の体は宿儺によってボロボロになっていました。 それは反転術式のキャパを超えていたようです。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  頭さえ残っていれば反転術式で治せると思ってたけど違うんだね。 リカがいないと意識すら飛ぶ状態だった乙骨。 羂索の術式が解けたところで戻る体はなさそうですよね。 その場合、五条悟の体を頂きますと言っていましたが、そんなことはできるのでしょうか。 羂索はそれで夏油の体に乗り移ったままだったので可能なのかもしれませんね。 とはいえ、乙骨の術式は5分間だけ。 前回の呪術廻戦で甘井という、自分の糖分を外に具現化する術師が登場していました。…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条は伏黒救出は考えている?

『呪術廻戦』第263話では、日暮が恐るべき宿儺と対決します。宿儺は現在、ユウジの体に宿っています。日暮は見事な攻撃、刑死者の斬撃を繰り出し、宿儺の首を切り落として混乱を終わらせようとします。しかし、宿儺は容易に回避し、彼の呪術の熟練ぶりを見せつけます。 一方、ユウジは内なる戦いに巻き込まれ、自分の体の内側から戦いを見つめています。日暮の犠牲に宿る絶望を感じ、激しい戦いに緊張感が増しています。 呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨が羂索の術式を模倣して五条悟の体を使っており、額に羂索同様の傷がありました。 最初にこの姿を見た際は、なかなか衝撃的な絵面でしたね。 というか、これを見た際に一番最初に思ったことが、芥見先生は最初から五条の額に傷を入れることの構想を描いていたんじゃないかなってことです。 もちろんそれは、夏油傑との対比以外の何物でもないとは思います。 五条自身、境遇さえ違えど夏油傑と同じような姿になったことで、少し気持ち的に楽になっているのかもしれませんね。 乙骨自身、宿儺から世界を断つ斬撃を食らって退場していましたが、やはりかなり厳しい状態だったようですね。 正直、乙骨は五条に比べたら大したことはないだろうくらいの感覚でしたが、そんな考えは甘かったようです。…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw

「呪術廻戦 262話 Raw」 – オンラインで無料で読む | 宿儺を倒すのは誰だ? 呪術廻戦 262話、早ければ 「smanga.org」に掲載されます (2024年6月6日)。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw  👉今すぐ読む: 呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw English

[呪術廻戦 262話 Raw] – Jujutsu Kaisen 262 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 6, 2024). Please continue to follow us for the…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *