呪術廻戦 261話 ネタバレ|宿儺は今の状況をどこまで想定済みなのか

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

呪術廻戦の260話の終わりに登場した「最強の亡霊」が五条悟ではないかと言われていますが、このシーンは、以前の空港と北に関する伏線と関連があるのではないかと考えられています。

まず、空港と北の伏線についてですが、これは五条悟が以前に何かを準備していたことを示唆していると考えられます。

五条悟は、宿儺との戦いの前に何かを計画していたようで、その準備の一環として空港での行動があったのかもしれません。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

ネット上の読者の見解によると、260話での「最強の亡霊」の正体については、五条悟本人ではなく、彼の力を受け継いだ別のキャラクターである可能性が高いのではないかともいわれています。

特に、乙骨憂太が六眼の力を継承し、五条悟の無下限呪術を使いこなすことで、五条悟のような存在になるという説があります。

また、五条悟が復活するという理由については、彼の死に際があっさりしすぎていることや、まだ空港から旅立っていないことなど、いくつかの伏線が指摘されています。

これらの伏線は、五条悟の復活を示唆している可能性があります。

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にならないのはなぜ?

261話では、虎杖の防御力が格段に向上していて、宿儺の打撃と斬撃を混ぜた術にも、ものともしませんでした。

虎杖はなぜ、宿儺の攻撃が虎杖の致命傷にならないのでしょうか。 もちろん、虎杖が強靭性に優れているというのもありますが、宿儺の魂の一部が虎杖に宿っているためである可能性があります。

261話で虎杖の父、仁には宿儺の片割れの魂が宿っていたことが判明しました。 このことから、息子である悠仁にも宿儺の魂の一部が宿っている可能性は高いです。

実際、虎杖は威力は劣るものの、宿儺の術式である「御厨子」を使用できている点でも、宿儺の片割れの魂の一部が宿っていると見ることができるでしょう。

Jujutsu Kaisen Has A BIG Problem With Sukuna & It's Ruining the Final Battle

ここで、五条と宿儺の戦いを振り返ると、五条は235話で宿儺に対し、自らを巻き込んで虚式「茈むらさき」を炸裂させていました。

この時、五条は茈の爆心地にいたものの、宿儺と比べても軽傷で済んでいます。 このシーンからも分かるように、自身が使用できる術式を術者が喰らった場合、従来のダメージよりも軽減される可能性が高いです。

それと同様に、虎杖も御厨子を使用できるため、宿儺の斬撃のダメージが大きく軽減されているのではないでしょうか。

以上より、宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にはならず、虎杖が怯むことなく攻撃できている理由にも関わっている可能性があります。 今後、虎杖が宿儺にとって。生涯初の天敵となるのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|虎杖は超人レベルの結界術で宿儺を圧倒する?

261話では、虎杖が黒閃によって潜在能力を覚醒させていました。

虎杖は今後、宿儺を越えうるほどの結界術を披露することになるのではないかと考えられます。 なぜなら、虎杖には播磨の術師である蘆屋貞綱の魂が宿っている可能性が高いためです。

蘆屋貞綱といえば、シン・陰流の開祖であり、相当な結界術の使い手でした。 モデルとなった人物は、安倍晴明に並ぶ陰陽師、蘆屋道満と言われています。

そんな蘆屋貞綱の魂がなぜ、虎杖に宿っていると言えるのでしょうか。

この時宿儺は、虎杖が平安時代に会ったことがある人物だと確信したのでしょう。

またその後、虎杖の顔を見て情けないと笑いながら、「ほらいただろ‼︎あの播磨の‼︎」と裏梅に話していました。 作中で登場した播磨の術師といえば、蘆屋貞綱のみです。

その上、結界術といえば、「簡易領域」のように、守りに特化した術が多いです。

もし仮に虎杖の魂に蘆屋貞綱の魂が宿っているとすれば、宿儺に肉体の主導権を奪われないことや、強靭的な肉体強度にも説明がつけられるのではないでしょうか。

このことから、虎杖には播磨の術師「蘆屋貞綱」の魂が宿っているのではないかと考えられます。 となると、虎杖は今後、結界術の一つである領域展開や新技を使えるようになり、宿儺を圧倒する展開になるのかもしれませんね。

Sukuna's Trial Begins) Jujutsu Kaisen Chapter 244 Spoilers and Raw Scans - OtakusNotes

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|虎杖の祖父はすべてを知っていた?

261話では、虎杖の父親は宿儺の双子の片割れの生まれ変わりであることが判明しました。 虎杖の出生についての情報が開示されたわけですが、気になるものが虎杖の祖父の発言にありました。

「オマエが子供を欲しがっていたことも、香織との間にそれが叶わなかったことも知ってる」 「だが香織が死んだのは、」

虎杖の父・仁に向けて言われていたこのセリフです。 ここからは、次のような時系列を推測することができます。

もちろん、複雑な計画の全容を知らされていたという断言はできません。 しかし、ある程度の事情は父親の方も承知の上で、虎杖悠仁は生まれてきた可能性があると考えられます。

そうなると、祖父も同じ程度の事情は把握していたのではないでしょうか。

生前の祖父が虎杖に伝えようとしていたことは、そういった虎杖の出生に関わる事情だったのかもしれません。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|宿儺に本気を出させるのは虎杖?

261話にて、ついに虎杖が覚醒するフラグが立ちました。 ファン待望の、虎杖の活躍が期待できる展開がやってきたことになります。

虎杖はこの新宿決戦に向けて、いろいろと準備をしてきたようでした。 赤血操術や反転術式を使えるようになったことも、その結果だと考えられます。

しかし「覚醒」と言うからには、それ以上のことができると考えた方が自然です。 例えば、「宿儺の斬撃を使えるようになっている」だとか。 「領域展開まで習得してきた」といった大技を使ってくる可能性もあると思われます。

覚醒虎杖は、今まで宿儺が軽んじてきた存在ではないと考えた方がよさそうなんですよね。

Jujutsu Kaisen: Sukuna's Cursed Energy Technique, Explained

宿儺が今まで見くびっていた虎杖が、他者の力を借りつつ宿儺と対等に戦うまでに成長した可能性が高いわけです。

宿儺からしてみれば、「自分の身の丈に合った生き方をする」という考えを否定されているようなものと言えるでしょう。 自分の考えを否定する存在に対して、宿儺が手を抜くとは考えられません。

真希に対して興味をそそられたときと同様に、虎杖に対しても興味を引かれることが十分予想できます。 そして自分の信念に対抗する存在である虎杖に対して、宿儺は本気を出してくると考えられます。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|虎杖は黒閃を狙って出すことができる?

261話では、虎杖が宿儺との戦いが始まってから1回目となる黒閃を出していました。

過去の戦いを見ると、虎杖は他の術師よりも、黒閃を高確率で出すことができる力を持っているのではないでしょうか。

虎杖は花御戦で、初めての黒閃を出したにも関わらず、そのまま4回連続で黒閃を発動しています。

また、後に起こった渋谷事変での真人戦では、虎杖は1回目の黒閃を発動した後、東堂の助けもあって2回目の黒閃を発動させ、真人を追い詰めていました。

このように、虎杖は一度黒閃を出すことに成功した後、立て続けに黒閃を出すことが多い術師ことがわかります。

また、261話にて登場するフレーズである「黒閃の予感」ですが、作中では虎杖のみにしか言及されていません。 このことから、作者は虎杖と黒閃に何らかの繋がりがあることを匂わせているのではないかと考えられます。

さらに、261話冒頭の五条による黒閃の説明も、虎杖と宿儺が黒閃を出した回で描かれた点で、少々意味深です。

五条の説明を元にまとめると、虎杖は他の術師に比べて、周りの環境や拳に纏わせる呪力のコントロールに長けているのではないでしょうか。 その結果、黒閃を立て続けに出すことができる可能性があります。

今後、虎杖が七海の連続記録を塗り替えるほどの黒閃を、宿儺に喰らわせる展開になるのかもしれませんね。

Ryomen Sukuna (Jujutsu Kaisen) by Klawddie on DeviantArt

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|宿儺の解を喰らった乙骨は死亡したのか?

261話では、呪詞を唱えた宿儺の「解」を受けた乙骨が、憂憂の術式で戦線離脱しました。果たして、乙骨は現在、生きているのでしょうか?

結論から言うと、乙骨は重傷ではあるものの、生存しているものと考えられます。その根拠は二つあります。

一つ目は、解を受けた直後に、リカが消滅していないことにあります。乙骨は宿儺の解で倒れましたが、倒れた乙骨を憂憂の元へ運んだのは、リカです。リカは乙骨の「外付けの術式」であることが178話で明らかになっています。仮に乙骨が死亡したならば、その時点で発動していた術式であるリカも消滅するはずです。そのことを考慮すると、乙骨は解を受けた時点で、死亡していないと考えることができます。

二つ目は、乙骨の領域の崩壊にあります。261話で宿儺は真希の奇襲攻撃を受けましたが、乙骨の領域は崩れたのではなく、乙骨が”崩した”のだと推測していました。崩したということは、自らの意思で領域を破壊したということになります。このことからも、乙骨は生存しているという見方ができるでしょう。

以上より、乙骨は宿儺の解を受けたものの、死亡していないのではないでしょうか。今後、高専術師が窮地に陥ったタイミングで、再び乙骨が参戦するといった展開になるのかもしれませんね。

呪術廻戦261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

結論

  呪術廻戦 261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw English

Related Posts

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がなかった。 ここで悠仁と伏黒の間に大きな差がはっきりした。 悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがあったが、伏黒にはそれはなかった。 悠仁にとっては大誤算だったんじゃないかな? 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  そんな伏黒だけど、もう復活のチャンスはないのかな? 状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているから、もう伏黒を救う余裕はなさそうだけど、悠仁を救ったのは伏黒だった。 悠仁が伏黒を見捨てるとは思えない。 可能性は低そうだけど、まだ伏黒の復活に期待してもいいのかな!? 宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の走馬灯。…

呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw English

[呪術廻戦 263話 Raw] – Jujutsu Kaisen 263 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 27, 2024). Please continue to follow us for the…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|リカは登場できない?

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨は術式が解けたら死亡すると考察しています。 乙骨の体は宿儺によってボロボロになっていました。 それは反転術式のキャパを超えていたようです。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  頭さえ残っていれば反転術式で治せると思ってたけど違うんだね。 リカがいないと意識すら飛ぶ状態だった乙骨。 羂索の術式が解けたところで戻る体はなさそうですよね。 その場合、五条悟の体を頂きますと言っていましたが、そんなことはできるのでしょうか。 羂索はそれで夏油の体に乗り移ったままだったので可能なのかもしれませんね。 とはいえ、乙骨の術式は5分間だけ。 前回の呪術廻戦で甘井という、自分の糖分を外に具現化する術師が登場していました。…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条は伏黒救出は考えている?

『呪術廻戦』第263話では、日暮が恐るべき宿儺と対決します。宿儺は現在、ユウジの体に宿っています。日暮は見事な攻撃、刑死者の斬撃を繰り出し、宿儺の首を切り落として混乱を終わらせようとします。しかし、宿儺は容易に回避し、彼の呪術の熟練ぶりを見せつけます。 一方、ユウジは内なる戦いに巻き込まれ、自分の体の内側から戦いを見つめています。日暮の犠牲に宿る絶望を感じ、激しい戦いに緊張感が増しています。 呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨が羂索の術式を模倣して五条悟の体を使っており、額に羂索同様の傷がありました。 最初にこの姿を見た際は、なかなか衝撃的な絵面でしたね。 というか、これを見た際に一番最初に思ったことが、芥見先生は最初から五条の額に傷を入れることの構想を描いていたんじゃないかなってことです。 もちろんそれは、夏油傑との対比以外の何物でもないとは思います。 五条自身、境遇さえ違えど夏油傑と同じような姿になったことで、少し気持ち的に楽になっているのかもしれませんね。 乙骨自身、宿儺から世界を断つ斬撃を食らって退場していましたが、やはりかなり厳しい状態だったようですね。 正直、乙骨は五条に比べたら大したことはないだろうくらいの感覚でしたが、そんな考えは甘かったようです。…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw

「呪術廻戦 262話 Raw」 – オンラインで無料で読む | 宿儺を倒すのは誰だ? 呪術廻戦 262話、早ければ 「smanga.org」に掲載されます (2024年6月6日)。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw  👉今すぐ読む: 呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw English

[呪術廻戦 262話 Raw] – Jujutsu Kaisen 262 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 6, 2024). Please continue to follow us for the…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *