呪術廻戦 258話 ネタバレ|黒閃や伏魔御厨子で宿儺を倒す⁉︎

呪術廻戦 258話: 発売日

呪術廻戦258話は2024年4月29日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月25日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 257話: 要約とレビュー

冒頭で、冥冥・七海・五条から「最強の一級術師」に関して言及がありました。

それぞれ一致して「日下部」と発言していましたが、当の本人はどうやら違うようです。

日下部本人は「自身と宇佐美以外」と発言しており、どうやら「最強の一級術師」としての自覚はないようです。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

これに関しては、五条の「御三家を入れたらまた話変わってくるんだろーけど」という発言も関わってきそうです。

とはいえ、現代最強と謳われた術師から「最強の一級術師」としての評価を得ているので、相当な実力であることは間違えありません。

これまでの戦闘を加味すると、次に死亡する可能性があるのが日下部と脹相のどちらかになるのではないでしょうか?

日下部ですが、今回のストーリーを機に主軸としての戦闘が繰り広げられることは間違いないでしょう。

一級で最強と謳われるだけあり、それなりに奮闘はしてくれると思いますが、一歩及ばずで退場が濃厚な気がします。

そもそも術式が無いので戦闘も一辺倒になり、対宿儺戦での活躍は日車と同様程度は期待したいところです。

Actu Mangas On X: ? Nouvelles Images De SUKUNA Dans Le, 40% OFF

呪術廻戦 258話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にならないのはなぜ?

258話では、虎杖の防御力が格段に向上していて、宿儺の打撃と斬撃を混ぜた術にも、ものともしませんでした。

虎杖はなぜ、宿儺の攻撃が虎杖の致命傷にならないのでしょうか。 もちろん、虎杖が強靭性に優れているというのもありますが、宿儺の魂の一部が虎杖に宿っているためである可能性があります。

257話で虎杖の父、仁には宿儺の片割れの魂が宿っていたことが判明しました。 このことから、息子である悠仁にも宿儺の魂の一部が宿っている可能性は高いです。

実際、虎杖は威力は劣るものの、宿儺の術式である「御厨子」を使用できている点でも、宿儺の片割れの魂の一部が宿っていると見ることができるでしょう。

ここで、五条と宿儺の戦いを振り返ると、五条は235話で宿儺に対し、自らを巻き込んで虚式「茈むらさき」を炸裂させていました。

この時、五条は茈の爆心地にいたものの、宿儺と比べても軽傷で済んでいます。 このシーンからも分かるように、自身が使用できる術式を術者が喰らった場合、従来のダメージよりも軽減される可能性が高いです。

それと同様に、虎杖も御厨子を使用できるため、宿儺の斬撃のダメージが大きく軽減されているのではないでしょうか。

以上より、宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にはならず、虎杖が怯むことなく攻撃できている理由にも関わっている可能性があります。 今後、虎杖が宿儺にとって。生涯初の天敵となるのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|虎杖は超人レベルの結界術で宿儺を圧倒する?

258話では、虎杖が黒閃によって潜在能力を覚醒させていました。

虎杖は今後、宿儺を越えうるほどの結界術を披露することになるのではないかと考えられます。 なぜなら、虎杖には播磨の術師である蘆屋貞綱の魂が宿っている可能性が高いためです。

蘆屋貞綱といえば、シン・陰流の開祖であり、相当な結界術の使い手でした。 モデルとなった人物は、安倍晴明に並ぶ陰陽師、蘆屋道満だと言われています。

そんな蘆屋貞綱の魂がなぜ、虎杖に宿っていると言えるのでしょうか。

それは、215話での宿儺の発言にあります。 215話で伏黒に受肉した宿儺は虎杖と対峙した際、「そうか、小僧はあの時の」と何かに気づいていました。

この時宿儺は、虎杖が平安時代に会ったことがある人物だと確信したのでしょう。

またその後、虎杖の顔を見て情けないと笑いながら、「ほらいただろ‼︎あの播磨の‼︎」と裏梅に話していました。 作中で登場した播磨の術師といえば、蘆屋貞綱のみです。

その上、結界術といえば、「簡易領域」のように、守りに特化した術が多いです。

もし仮に虎杖の魂に蘆屋貞綱の魂が宿っているとすれば、宿儺に肉体の主導権を奪われないことや、強靭的な肉体強度にも説明がつけられるのではないでしょうか。

このことから、虎杖には播磨の術師「蘆屋貞綱」の魂が宿っているのではないかと考えられます。 となると、虎杖は今後、結界術の一つである領域展開や新技を使えるようになり、宿儺を圧倒する展開になるのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|虎杖は黒閃を狙って出すことができる?

虎杖が宿儺との戦いが始まってから1回目となる黒閃を出していました。

過去の戦いを見ると、虎杖は他の術師よりも、黒閃を高確率で出すことができる力を持っているのではないでしょうか。

虎杖は花御戦で、初めての黒閃を出したにも関わらず、そのまま4回連続で黒閃を発動しています。

また、後に起こった渋谷事変での真人戦では、虎杖は1回目の黒閃を発動した後、東堂の助けもあって2回目の黒閃を発動させ、真人を追い詰めていました。

このように、虎杖は一度黒閃を出すことに成功した後、立て続けに黒閃を出すことが多い術師ことがわかります。

また、257話にて登場するフレーズである「黒閃の予感」ですが、作中では虎杖のみにしか言及されていません。 このことから、作者は虎杖と黒閃に何らかの繋がりがあることを匂わせているのではないかと考えられます。

さらに、257話冒頭の五条による黒閃の説明も、虎杖と宿儺が黒閃を出した回で描かれた点で、少々意味深です。

五条の説明を元にまとめると、虎杖は他の術師に比べて、周りの環境や拳に纏わせる呪力のコントロールに長けているのではないでしょうか。 その結果、黒閃を立て続けに出すことができる可能性があります。

今後、虎杖が七海の連続記録を塗り替えるほどの黒閃を、宿儺に喰らわせる展開になるのかもしれませんね。

呪術廻戦 258話:どこで読むか

呪術廻戦 258は、2024 年 4月25日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

結論

  呪術廻戦254話 Raw – Jujutsu Kaisen 254 Raw

Related Posts

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がなかった。 ここで悠仁と伏黒の間に大きな差がはっきりした。 悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがあったが、伏黒にはそれはなかった。 悠仁にとっては大誤算だったんじゃないかな? 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  そんな伏黒だけど、もう復活のチャンスはないのかな? 状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているから、もう伏黒を救う余裕はなさそうだけど、悠仁を救ったのは伏黒だった。 悠仁が伏黒を見捨てるとは思えない。 可能性は低そうだけど、まだ伏黒の復活に期待してもいいのかな!? 宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の走馬灯。…

呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw English

[呪術廻戦 263話 Raw] – Jujutsu Kaisen 263 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 27, 2024). Please continue to follow us for the…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|リカは登場できない?

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨は術式が解けたら死亡すると考察しています。 乙骨の体は宿儺によってボロボロになっていました。 それは反転術式のキャパを超えていたようです。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  頭さえ残っていれば反転術式で治せると思ってたけど違うんだね。 リカがいないと意識すら飛ぶ状態だった乙骨。 羂索の術式が解けたところで戻る体はなさそうですよね。 その場合、五条悟の体を頂きますと言っていましたが、そんなことはできるのでしょうか。 羂索はそれで夏油の体に乗り移ったままだったので可能なのかもしれませんね。 とはいえ、乙骨の術式は5分間だけ。 前回の呪術廻戦で甘井という、自分の糖分を外に具現化する術師が登場していました。…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条は伏黒救出は考えている?

『呪術廻戦』第263話では、日暮が恐るべき宿儺と対決します。宿儺は現在、ユウジの体に宿っています。日暮は見事な攻撃、刑死者の斬撃を繰り出し、宿儺の首を切り落として混乱を終わらせようとします。しかし、宿儺は容易に回避し、彼の呪術の熟練ぶりを見せつけます。 一方、ユウジは内なる戦いに巻き込まれ、自分の体の内側から戦いを見つめています。日暮の犠牲に宿る絶望を感じ、激しい戦いに緊張感が増しています。 呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨が羂索の術式を模倣して五条悟の体を使っており、額に羂索同様の傷がありました。 最初にこの姿を見た際は、なかなか衝撃的な絵面でしたね。 というか、これを見た際に一番最初に思ったことが、芥見先生は最初から五条の額に傷を入れることの構想を描いていたんじゃないかなってことです。 もちろんそれは、夏油傑との対比以外の何物でもないとは思います。 五条自身、境遇さえ違えど夏油傑と同じような姿になったことで、少し気持ち的に楽になっているのかもしれませんね。 乙骨自身、宿儺から世界を断つ斬撃を食らって退場していましたが、やはりかなり厳しい状態だったようですね。 正直、乙骨は五条に比べたら大したことはないだろうくらいの感覚でしたが、そんな考えは甘かったようです。…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw

「呪術廻戦 262話 Raw」 – オンラインで無料で読む | 宿儺を倒すのは誰だ? 呪術廻戦 262話、早ければ 「smanga.org」に掲載されます (2024年6月6日)。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw  👉今すぐ読む: 呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw English

[呪術廻戦 262話 Raw] – Jujutsu Kaisen 262 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 6, 2024). Please continue to follow us for the…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *