呪術廻戦 257話 ネタバレ|虎杖の覚醒で決着するか・宿儺戦最終局面へ突入!

呪術廻戦第257話の発売日が近づくにつれて、ファンは物語の次なる展開を熱望し、利用可能になる可能性のあるスポイラーや生のスキャンを熱心に追いかけています。カウントダウンが始まり、呪術廻戦 の愛好者たちは呪い、魔法、東京都立呪術高専の生徒たちの世界に再び飛び込むことを待ちきれなく思っています。

呪術廻戦 257話: 発売日

呪術廻戦257話は2024年4月22日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月18日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

呪術廻戦 256話: 要約とレビュー

またもや雲行きが怪しい展開となってきました。

宿儺が術式を取り戻した場合、もう今のメンバーで戦えるとは思えません。

そうなると再度、乙骨の登場が期待されます。

とはいえ、乙骨もかなりの負傷者であることは違いありません。

ですが、そうもいったられない状況となっってしまったので出ざる負えないとも言えます。

宿儺との戦い…勝てる気がしないのは私だけでしょうか?(笑)

傷ついた術師の救助役として、登場していた憂憂。

しかし、宿儺が憂憂の存在に苛立ちを覚えていました。

ミゲルの登場で、今回は何とか危機を脱しましたが、次回以降は命がけの救助となりそうです。

そうなった場合、憂憂が出てくるのか疑問です。

もしかしたら、今回の一件で今後の登場がなくなってしまう可能性も十分にあり得そうです。

そうなった場合、術師の死体がそのままという展開になってしまいますが…。

そうならないためにもそろそろ決着の時となってほしいですね。

MIGHT CONTAIN SPOILERS, READ AT YOUR OWN RISK) what are you looking forward to seeing in jujutsu kaisen season 2? : r/JuJutsuKaisen

呪術廻戦 257話: ネタバレと予想

呪術廻戦257話ネタバレ最新話の考察|1億人呪霊?

天元が母体のような呪霊の中に格納されていたけど、この母体のような奴の形状や容姿が1億人呪霊に似ていない?

不完全な状態でこの形態を登場させたってことは、将来的に1億人呪霊を登場させる伏線なのかな?

以前も考察したように、そうなると高専側の完全敗北を意味するから、展開としてはないと思ってたけど、別の形で登場する可能性も秘めているよね。

例えば、今回暴走した呪霊を全部吸収した究極完全体天元とか。

でも、現状は天元自身が宿儺(伏黒恵)の手中にあるから、それはまずないかな。

でも、わざわざ1億人呪霊に似せた存在を出す理由があるはず。

宿儺が魂として恵の体から離れて天元に受肉したら、どうなるかな。

呪術廻戦257話ネタバレ最新話の考察|宇佐美②

とはいえ、安直すぎるので、もういくつか紹介するね。

「御三家の人間説」

これに関しては、御三家のうち禪院家のみの家族構成や一級術師の登場があることから、他の御三家の人間である可能性を考察してみました。

未だに登場しない五条家の呪術師や加茂家の呪術師など、御三家であればそれなりの強さを誇る人間がいてもおかしくありません。

ですがこれまでこの両家に関しては、五条や加茂典敏といった少数名しか出ていないことから、宇佐美も登場していない御三家に該当してもおかしくはありません。

五条の口ぶりからも、御三家には相当の実力者が揃っているはずです。

しかし、苗字が違うという点でこの説は破綻しますが、例えば禪院甚爾のように結婚して苗字を変えたなんてパターンも考えられます。

そう考えると、呪術師界で生きるのは相当厳しい状態であることから、退いた可能性も考えられます。

それであれば、現在は呪術師ではないので登場しない可能性も納得です。

Jujutsu Kaisen 0 Illustration : r/JuJutsuKaisen

呪術廻戦257話ネタバレ最新話の考察|宇佐美③

または「日本にいない」可能性もあるかもしれません。

これについては、乙骨の海外遠征を踏まえて、考察しました。

七海も「マレーに住みたい」と発言したり、冥冥は渋谷事変の途中で香港に逃亡したりするなど、海外に「逃げる」選択をする呪術師は多いようです。

そのため、宇佐美も何らかの事情で逃げたか、もしくは乙骨のように海外で修行している可能性があります。

ミゲルと一緒に宿儺戦に参戦する可能性も考えられます。

しかし、そうなると「なぜ乙骨を宇佐美に預けなかったのか?」という疑問が残ります。

呪術廻戦257話ネタバレ最新話の考察|宇佐美④

もう一つだけ説を用意するとすれば「宇佐美=冥冥説」があるのではないでしょうか?

これは、宇佐美が冥冥の本名である可能性を加味した結果として至りました。

実際の設定で、冥冥は偽名であることが明かされていることから、これまで登場してこなかった宇佐美は、登場していなかったのではなく、別人として登場していた、という方が終盤である『呪術廻戦』においては都合がよい気もします。

それに、ここにきての新キャラ登場は深堀りなんかを考えるとシンプルにしんどそうなイメージです。

ただ、最後の描写で日下部は冥冥のことを普通に”冥冥”と呼んでいたことから50/50の可能性ですね。

Jujutsu Kaisen Chapter 257 - jujutsu kaisen Manga Online

呪術廻戦257話ネタバレ最新話の考察|宇佐美⑤

結構こすりますが、最後の考察として「二重人格説」はいかがでしょうか?

日下部自身が二重人格で”宇佐美”という人物が日下部の中にある的な考察です。

至った理由として、1か月の準備期間に行っていた”虎杖との修行シーン”が主な要因です。

あのシーンを見る限り、やはり虎杖の魂を知覚する能力によるものだとばかり思っていましたが、逆に日下部がそれを使えていてもおかしくはありません。

なぜなら、あの修行を行ったのはこの2人のみだからです。

虎杖に気をとられミスリードしていた、ということであれば日下部が要因だった可能性は高いですね。

しかし、日下部は術式が使えないので、考えられるのが”宇佐美”の存在と”最強の1呪術師”と呼ばれる所以です。

呪術廻戦257話ネタバレ最新話の考察|五条の復活

ひとまず安直な考えにはなりますが、覚醒した宿儺に対応できる高専のキャラクターが思い浮かばないため、シンプルに五条の復活があり得るのではないかと思います。

そうなった場合、もちろん宿儺に対抗すべく何かしらのパワーアップを果たして復活すると思われます。

さらに言えば、虎杖はこれまで、日車・乙骨と戦闘を共にして、次のフェーズでは真希となるはずですが、五条とは戦闘を共にしていないので、もしかするとそのタッグマッチが見れるのかもしれません。

呪術廻戦 257話:どこで読むか

呪術廻戦 257は、2024 年 4月18日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

結論

  呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

Related Posts

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がなかった。 ここで悠仁と伏黒の間に大きな差がはっきりした。 悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがあったが、伏黒にはそれはなかった。 悠仁にとっては大誤算だったんじゃないかな? 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  そんな伏黒だけど、もう復活のチャンスはないのかな? 状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているから、もう伏黒を救う余裕はなさそうだけど、悠仁を救ったのは伏黒だった。 悠仁が伏黒を見捨てるとは思えない。 可能性は低そうだけど、まだ伏黒の復活に期待してもいいのかな!? 宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の走馬灯。…

呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw English

[呪術廻戦 263話 Raw] – Jujutsu Kaisen 263 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 27, 2024). Please continue to follow us for the…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|リカは登場できない?

呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨は術式が解けたら死亡すると考察しています。 乙骨の体は宿儺によってボロボロになっていました。 それは反転術式のキャパを超えていたようです。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  頭さえ残っていれば反転術式で治せると思ってたけど違うんだね。 リカがいないと意識すら飛ぶ状態だった乙骨。 羂索の術式が解けたところで戻る体はなさそうですよね。 その場合、五条悟の体を頂きますと言っていましたが、そんなことはできるのでしょうか。 羂索はそれで夏油の体に乗り移ったままだったので可能なのかもしれませんね。 とはいえ、乙骨の術式は5分間だけ。 前回の呪術廻戦で甘井という、自分の糖分を外に具現化する術師が登場していました。…

呪術廻戦 263話 ネタバレ|乙骨五条は伏黒救出は考えている?

『呪術廻戦』第263話では、日暮が恐るべき宿儺と対決します。宿儺は現在、ユウジの体に宿っています。日暮は見事な攻撃、刑死者の斬撃を繰り出し、宿儺の首を切り落として混乱を終わらせようとします。しかし、宿儺は容易に回避し、彼の呪術の熟練ぶりを見せつけます。 一方、ユウジは内なる戦いに巻き込まれ、自分の体の内側から戦いを見つめています。日暮の犠牲に宿る絶望を感じ、激しい戦いに緊張感が増しています。 呪術廻戦 263話: 発売日 呪術廻戦263話は2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月27日に「smanga.org」に間もなく投稿されると予想されています。 👉今すぐ読む: 👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw EN  呪術廻戦 262話: 要約とレビュー 乙骨が羂索の術式を模倣して五条悟の体を使っており、額に羂索同様の傷がありました。 最初にこの姿を見た際は、なかなか衝撃的な絵面でしたね。 というか、これを見た際に一番最初に思ったことが、芥見先生は最初から五条の額に傷を入れることの構想を描いていたんじゃないかなってことです。 もちろんそれは、夏油傑との対比以外の何物でもないとは思います。 五条自身、境遇さえ違えど夏油傑と同じような姿になったことで、少し気持ち的に楽になっているのかもしれませんね。 乙骨自身、宿儺から世界を断つ斬撃を食らって退場していましたが、やはりかなり厳しい状態だったようですね。 正直、乙骨は五条に比べたら大したことはないだろうくらいの感覚でしたが、そんな考えは甘かったようです。…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw

「呪術廻戦 262話 Raw」 – オンラインで無料で読む | 宿儺を倒すのは誰だ? 呪術廻戦 262話、早ければ 「smanga.org」に掲載されます (2024年6月6日)。 👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw  👉今すぐ読む: 呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen…

呪術廻戦 262話 Raw – Jujutsu Kaisen 262 Raw English

[呪術廻戦 262話 Raw] – Jujutsu Kaisen 262 Raw | The earliest was released on [smanga.org]  on Thursday (June 6, 2024). Please continue to follow us for the…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *