キングダム 797話 ネタバレ|メラ隊全滅危機?!キタリ命を持って壁を救出

『キングダム』は、原泰久によって書かれ、描かれた人気のある日本の漫画シリーズです。

2023年7月現在、『キングダム』は797巻の単行本が出版され、漫画界において重要な存在となっています。

戦国時代を舞台にした『キングダム』は、読者を架空の中国の歴史に連れて行きます。

この記事では、『キングダム』第797章に関する最新情報をすべて提供します。のネタバレ、生のスキャン、発売日、カウントダウン、そしてオンラインで読む方法も含まれています。だからポップコーンを用意して、エキサイティングな情報を楽しみにしてください!

キングダム 797話: 発売日

キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW

キングダム 796話: 要約とレビュー

過去にも書いたことがありますが、楊端和は二人を見捨てないと思います。

今回の敗北を見て、楊端和も壁救出のチャンスは今しかないと考えているのではないでしょうか。

楊端和は退却の目処が立つまで指揮を執ると残るようですが、それはキタリと壁を待つという意味でもあるのではないかと思います。

楊端和はキタリの性格をよく知っているでしょうし、次の救出のチャンスがいつ巡ってくるかわからないという状況を考えると、かなりギリギリまで二人を待つのではないかと思います。

しかし、それには舜水樹率いる李牧の側近たちからの猛攻に耐えなければなりません…

逃げる体力も残しつつということになるでしょうから非常に困難なことですが、楊端和の求心力と統率力はずば抜けていますし、楊端和軍はまだほとんど本気で戦っておらず、消耗も少ないです…

また、秦がこの戦で何か爪痕を残すとすると…

既に青歌軍が名将を数人失っていますが、李牧の側近の誰かが討ち死にするという展開もあるかもしれません。

そろそろ馬南慈あたりが戦死してもおかしくないような気がしますね…

キングダム 797話: ネタバレと予想

キングダムネタバレ最新話797話考察|楊端和軍キタリの援護へ

797話では、李牧の命によって放たれた5千の兵からメラ隊を逃がすべく、楊端和軍が救援に駆けつけるのではないかと予想します。

王翦が敗北した後、秦軍の左翼と右翼はそれぞれ困惑しながらも、速やかに撤退の準備に入りました。

左翼にいた楊端和軍は、追撃の姿勢に入った舜水樹軍から逃れるため、フィゴ隊の殿によって戦線から離脱する作戦を立てている現状です。

そして離脱の準備をすると同時に、楊端和は壁の救出に向かったキタリ含むメラ隊へ、早々に撤退するよう早馬を送っています。

同じ頃、早馬から番吾城が急襲されていると報告を受けた李牧が、中央から番吾城へ向けて5千兵の派遣を命じていました。

番吾城では既に奴隷とキタリは趙軍に包囲されている状態。壁を見つけることには成功しましたが、李牧が放った5千の兵が城へ到着する前に逃走しなければ、奴隷やメラ隊は脱出が困難となるでしょう。

しかし5千兵もの大軍が番吾城へ行軍している姿を、楊端和は見逃さないと考えます。

楊端和は武力で山の民を束ねていますが、人情に厚く味方を大切にするため、きっとメラ隊の危機を切り捨て離脱することはしないでしょう。

そのためメラ隊を逃がすべく、山の民の中でも機動性の高い気馬術で動ける鳥牙族に5千兵の陽動を任せ、最速の馬速を持つ飛馬族に番吾城の援護へ向かわせるのではないでしょうか。

楊端和は味方を切り捨てることはしないので、戦場の離脱と平行してメラ隊の救出や援護も同時に行うと予想します。

キングダムネタバレ最新話797話考察|キタリ死亡の可能性

今回の壁救出劇において、キタリが死亡する可能性があると予想します。

もともと壁に対しあたりが強く、よく毒を吐いていたキタリ。今となっては自らの危機に助けにきてくれたり、言葉の通じない山の民に真摯に向き合ってくれる壁に、キタリは心を開き始めていました。

山の民は味方を大切にする部族であり、キタリも例外ではありません。そのため一度戦友(とも)と認めた壁を、放ってはおけなかったのでしょう。

番吾の戦いでは奴隷として捕まった壁を救出するべく、真っ先に番吾の城へ向かい小隊で救出を試みています。

796話では自分の隊が囲まれ逃げ場がなくなりそうになっても、味方を退避させ自分だけでも壁を救出しにいくという固い意志がありました。

壁を救出するのは今しかないと強く決心するキタリ。それほどまでに強い意志があれば、何が何でも壁を脱出させるでしょう。

しかし戦況は思わしくなく、城内で趙軍に囲まれ場外には5千人の兵が待ち構えているという、メラ隊が圧倒的に不利な状況です。

そのため壁を逃がすために、キタリは場内または脱出する壁の後方で時間を稼ぐ可能性があります。また痩せ細った壁をみて、キタリは馬から降り壁だけ先に脱出させる可能性もありますね。

これだけの戦力差がある戦いのため、数百のメラ隊だけでは圧倒的に力不足ですが、キタリは壁を意地でも脱出させようと自らの命を持って壁を守りきるでしょう。

キングダムネタバレ最新話797話考察|王翦と王賁の関係性の変化

番吾の戦い終了後、これまで冷え切っていた王翦と王賁の関係性が良好になると予想します。

王翦は今回の敗北によってはじめての敗北を経験し、自身の配下を3人も失いました。

戦の途中、亜光や田里弥が散っていく姿を見て、これまでにない想いが込み上げてきたのではないでしょうか。

王翦が復活するまでの間、戦術を変え犠牲を減らすことはもちろんのこと、次の戦力となり得るであろう若い世代の将軍を育てようとするはずです。

そのため、玉凰隊や飛信隊、楽華隊を活かすための戦術に切り替えてくる可能性があります。

さらにこれまで作中で解説されてこなかった、王翦の王賁に対する態度。

長い間伏線が張られていましたが、回収されるタイミングはこの育成期間中の可能性が高いと考えます。

作中でどのように史実を広げ戦況が展開していくのかは現時点で不明ですが、史実から考えても、秦国の顔とも言える王翦が敗北をするのは今回が最後となるでしょう。

これまでの作中の流れからしても、敗北や戦死の際に武将の過去が明らかにされることが多いため、王翦についても番吾の戦い終了後に伏線が回収される可能性が高いのです。

以上のことから、796話以降では王翦の過去が明らかになり、王賁育成の期間を経て距離が縮まっていくのではないかと予想します。

キングダムネタバレ最新話797話考察|王翦の変化

王翦は、自身の配下が戦死したことで、今後の戦い方に変化が現れると予想します。

これまで無敵と謳われてきた王翦ですが、今回の番吾の戦いでは為す術もなく撤退中です。

配下が次々に戦死していることで、普段の自信に満ちた様子はなく、弱々しく不安げな様子が伺えます。

しかし史実では王翦が戦場で戦死することは確定しておらず、今回の戦いで敵将に討ち取られることはないでしょう。

今後原作で、番吾の戦いがどのように終了するのかは定かではありませんが、最終的に王翦は無事に撤退できるでしょう。

これまで絶対的な自信を持ち戦術を展開していた王翦ですが、今回の秦軍敗北により、より犠牲の少ない戦術に方針を固め、さらに活躍していくことが予想されます。

無敗だったために気付かなかった敗北の悔しさ、負けることはないと信じていた配下の戦死。

これらが重なったことで、王翦はこれまでよりも深く戦略を練り、二度と負けない決意を持って戦場に再び立つでしょう。

キングダムネタバレ最新話797話考察|亜花綿が玉鳳隊に移籍した理由

亜花綿が玉鳳隊に移籍したのは、王翦が王賁に亜花綿の機動力や柔軟さを学ばせるためだと予想します。

すでにいる副将の特徴や王賁に不足している能力から考えると、王賁の成長には亜花綿の「柔軟さ」と「コミュニケーション能力」が必要だと、王翦が考えたのではないでしょうか。

玉鳳隊の副長である番陽は、王賁の幼い頃から成長を見守ってきた教育係です。王賁の危機には自らの命を犠牲にしようとするほどで、王賁も絶対的な信頼を置いています。

次に王翦軍からやってきた関常は、玉鳳隊の知将と呼ばれる頭脳を持ちます。なぜ王翦軍から移籍してきたのかは明らかにされていませんが、冷静に戦況を見極める力を関常から盗めと、王翦が王賁を思って送ってきたのではないでしょうか。

すでにいる二人によって基本的な教育や戦略を練る力は充分ですが、真面目過ぎるがゆえに頑固な一面もあります。

そこで、王翦は王賁の才能を伸ばすために、あえて玉鳳隊にクセのある亜花綿を投入した可能性があります。

亜花綿は戦況を見極める能力が高く、敵も想定できないほど柔軟に(自由に)動きますよね。しかし、危機一髪のところで亜光を敵から救ったり、李牧の逃走に目を光らせ動向を追うなど、実は有能なのです。

王賁に足りない、「柔軟さ」と「コミュニケーション能力」を持つ亜花綿を送ることにより、さらに成長してほしいという王翦の想いがあったのではないでしょうか。

キングダム 797話:どこで読むか

キングダム797は、2024年 5月 21日smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW

結論

  キングダム787話 RAW - Kingdom 787 RAW

Related Posts

キングダム 800話 RAW – Kingdom 800 RAW

キングダム800話 RAW – 早ければ【smanga.org】に更新される予定です。最新情報については、引き続き当社の Web サイトをご覧ください。 👉今すぐ読む: キングダム 799話 RAW  – Kingdom 799 RAW  随時更新していきますのでブックマークをお願いしす アップデートを開始します。 ページを更新して読んでください。   Xをフォローして最新情報を更新してください! 今週は漫画が投稿されます ! #JJK263 #ONEPIECE1117✔️ワンピース1117:https://t.co/xeBwGalAft✖️呪術廻戦263:https://t.co/eyHIbWJo5A ✖️ボルト11:https://t.co/s3GBNyaLG7#BorutoTwoBlueVortexch11 #jjk263spoilers #jjkspoilers #jjk263leaks…

キングダム 800話 ネタバレ|秦国の情報戦?

キングダム 800話: 発売日 キングダム800話は、2024 年6月20日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年6月17日に「smanga.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 799話: 要約とレビュー 糸凌と倉央は2人共に青歌に捕らわれの身となってしまいました。 2人の生殺与奪は今カン・サロに握られているということです。 しかし糸凌と倉央は自らの運命を人に握られることを良しとしないでしょう。 👉今すぐ読む: キングダム 799話 RAW  – Kingdom 799 RAW  倉央は糸凌とともに死ぬためにここに来た…糸凌とて同じこと…番吾の大敗はこの愛し合う2人が差し違えることで終焉を迎えるのではないか…そして2人とジ・アガの伝説は秦国と趙国に永遠に語り継がれるのではないでしょうか。 王翦の下を出奔する時の倉央は糸凌が戦場で命を落としたものと決めて、その魂を救うこと一心でそれが彼の真意だったと思います。 しかし糸凌は生きていた…しかも青歌の敵将カン・サロに救われて。 カン・サロの真意はジ・アガならそうするというものでした。 そのジ・アガとカン・サロの真意に触れた倉央の心は揺れ動いた上でどのような意思決定をするのでしょうか…2人で青歌に赴くこともあながち無いとは言い切れなくなってきたように思います。…

キングダム 800話 ネタバレ|嬴政の決断は?

キングダム 800話: 発売日 キングダム800話は、2024 年6月20日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年6月17日に「smanga.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 799話: 要約とレビュー 今回、王翦は亜光、摩鉱、田里弥といった側近のほとんどを失ってしまい、倉央も結果的には離れてしまっている現状であり、軍としてボロボロの状態です。 負けない戦をやらないことで有名な王翦でしたが、今回は李牧に自身のせいで側近が死んでいく様子をまざまざと見せつけられました。 王翦自身も言っていたように、その際にはもちろん復活して倒すために考えを張り巡らせていたのでしょうが、自分を守って死んでいく側近たちの様子には、さすがの王翦も心が折れかけたのではないでしょうか。 👉今すぐ読む: キングダム 799話 RAW  – Kingdom 799 RAW  しかし、そういう経験からも、これまで以上に負ける戦はしない方向に舵を切ってきそうです。 まあ、今回は青歌軍という予想外の強い軍がいたことが敗因であり、負けるとは思っていなかったでしょうが。 王翦には、倉央が糸凌のために命を投げ出して戦場に戻ったことは、すぐに知らされることでしょう。 そんな倉央の取った行動に対して、王翦はどのように思うのでしょうか。 王翦は、田里弥が自分を逃がすために捨て駒となろうとしていたところ、お前も来いと言っていたように、自分の側近たちに対する想いは強い武将だと思います。…

キングダム 800話 ネタバレ|嬴政の決断は?

『キングダム』は、安原保久によって創り上げられた、熱狂的な日本の漫画シリーズです。 戦国時代の壮大な舞台に、『キングダム』は読者を引き込み、古代中国の幻想的な世界へと誘います。 この記事では、最新の情報を提供し、ネタバレ、未編集のスキャン、発売日、カウントダウン、そしてオンラインで読む方法についても触れます。 ですから、心躍る情報を楽しみに、ポップコーンを片手にお付き合いください! キングダム 800話: 発売日 キングダム800話は、2024 年6月20日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年6月17日に「smanga.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています 👉今すぐ読む: キングダム 799話 RAW  – Kingdom 799 RAW  キングダム 799話: 要約とレビュー 邯鄲は李牧の大勝利に大いに湧き、盛大に戦勝の祭りが催されているようです。 李牧は既に国家の『守護神』と言うようは扱いを受けるほどに人気があったようですが、先の戦の勝利からの連勝… とりわけ今回は圧勝だったわけですから、国民の喜びは半端ではないようで、完全に李牧を神格化してしまっているようです。 普通、祭りは王や王族の為に催されるものであり、どんなに優秀であり功績をあげたとしても臣下の者の為にはやり過ぎだと思えます……

キングダム 799話 RAW – Kingdom 799 RAW

キングダム799話 RAW – 早ければ【smanga.org】に更新される予定です。最新情報については、引き続き当社の Web サイトをご覧ください。 👉今すぐ読む: キングダム 800話 RAW  – Kingdom 800 RAW  随時更新していきますのでブックマークをお願いしす アップデートを開始します。 ページを更新して読んでください。 Xをフォローして最新情報を更新してください!! 今日のマンガ(5月30日)!!!#JJK262 #ONEPIECE1116 ➡️ワンピース1116:https://t.co/AbrhltZ56L❌呪術廻戦262:https://t.co/CZCCIH767f➡️ヒロアカ424:https://t.co/k2211HAion#MHA424 #jjk262spoilers #jjkspoilers #jjk262leaks #Opspoilers #sakamotodays168 #gojo…

キングダム 799話 ネタバレ|王賁は王翦にどんな言葉をかける?

キングダム 799話: 発売日 キングダム799話は、2024 年6月13日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年6月10日に「smanga.org」に間もなく投稿される (リーク) と予想されています キングダム 798話: 要約とレビュー 今後、信、王賁、蒙恬の誰かが王翦軍の将軍になるんじゃないかって予想してる。 798話では、圧倒的な司馬尚軍の猛攻と李牧の策による追撃で、王翦軍は王翦と倉央を残してほぼ壊滅しちゃったんだ。 亜光と田里弥が抜けた穴は大きくて、早急に補充して育成する必要があるよね。 👉今すぐ読む: キングダム799話 RAW – Kingdom 799 RAW その候補として考えられるのが、信、王賁、蒙恬の若い将軍たち。彼らはそれぞれ武功を順調に上げて、数万人の兵を引き連れるまで成長してる。 まだ王翦軍の将軍たちと比べると実力は不十分だけど、田里弥も若いうちに王翦にスカウトされて、王翦軍の第二将まで上り詰めてるからね。 息子である王賁は、家庭の事情(王翦と不仲)で難しいかもしれないけど、信や蒙恬は王翦の元で下積みをして、自軍が拡大するまで成長する可能性があると思う。 だから、王翦は取り急ぎ武功の高い将軍を補充して、若い世代をスカウトしていくんじゃないかな。そして、ゆくゆくは信、王賁、蒙恬の誰かが王翦の側近として、王翦軍の将軍として活躍するようになるんじゃないかって予想してる。 キングダム 799話: ネタバレと予想…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *