キングダム 801話 ネタバレ|昌平君のいう戸籍作りは中華統一にどう関係する?

キングダム」――原泰久の手によって描かれた、その名を轟かせる日本のマンガシリーズ。

戦国時代を舞台にし、読者を創作された古代中国の世界へ誘う。

この記事には、物語の飛躍を予感させる「キングダム」第801話の情報が最新鋭で詰め込まれている。そこには、からの情報解禁、未加工のスキャン、章の公開日、限られた時間を刻むカウントダウン、そして物語を読むためのオンラインリンクが潜んでいる。観客よ、待望の告知を前にポップコーンを手にしろ!我らが、興奮を共にするぞ!

キングダム 801話 ネタバレ|昌平君のいう戸籍作りは中華統一にどう関係する?

キングダム 801話: 発売日

キングダム801話は、2024 年6月27日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年6月24日smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: キングダム 800話 RAW  – Kingdom 800 RAW 

キングダム 800話: 要約とレビュー

嬴政から李牧以上と評された昌平君。
実際に昌平君と李牧ではタイプが違いと思います。

李牧は自ら兵を率い前線に出て戦を指揮するタイプで、昌平君は過去に一度だけ戦場に出て昌平君自身もかなりの強さを誇る武将の一面も見せてくれましたが、基本は咸陽から動かずに全体の局面を見ながら指示を出すタイプで、これはお互いの国土や国力の違い、隣接している国の多さの違いなども由来するのではないでしょうか?

実際にどちらが優秀かというのは正直わからないですが、これがゲームなら李牧知力100昌平君知力98くらいとなりそうな気がします。

しかし…。

それだけでこの2人の勝負が終わるのかと言えばそうではないと私は思います。
それは軍総司令や宰相というのは己1人の力で局面を変えれるには限界があり、そこには国の最高権力者の王と軍として動いてくれる将校に兵が居てこその総司令であり宰相であると私は思うからです。

その点、秦王と昌平君、趙王と李牧というタッグマッチでしたら秦国の圧勝ではないでしょうか?

王の能力、2人の信頼関係それらを比較した時には秦と趙は比べ物にならないと思います。

将校の面では趙国にも優秀な将が多いので、趙国に秦の誇る有能な将を全て割けない点では五分五分くらいかなと感じますが。

キングダム 801話: ネタバレと予想

キングダムネタバレ最新話801話の考察|嬴政は敗北後のことは何も考えていなかった?

秦国は今回の趙国への侵攻で、三十万人分の兵糧など、人員や金銭面で莫大な損害を被りました。

戦で負けるとこうなると言えばそれまでですが、負けた際のことを嬴政や昌文君は一切考えていなかったのでしょうか?

六将の一人である桓騎が討たれ、さらにもう一人の六将である王翦を総大将とした戦で2連敗を喫したわけですから、他国がこのチャンスを見逃すはずがありません。

戦う前から負けることを想定するのは、勝つ気がないと捉えられるかもしれませんが、全く考えていなかったとなると、秦の国王の立場からしてあまりにも愚策です。

実際、李牧は1年間も策を巡らせていたわけで、秦国が負けることは戦う前から決まっていたようなものですよね。

正直、ここまでの流れからすると、普通の国なら最初に滅びるのは秦国で間違いないところですが、ここで李斯が姚賈を見逃したことが活きてきそうですね。

キングダムネタバレ最新話801話の考察|姚賈が裏で動いている?

兵だけで2年で20万も失った国が、しかも中華を統一しようとする自国を滅ぼそうとしていた国に対して、他国が取る行動としては、総攻撃を仕掛けるか合従軍を組むのが普通です。

しかも、秦魏同盟を組むために什虎という重要な場所を魏に提供しており、その同盟期限も間もなく切れることを考えると、秦国は絶体絶命になるはず。

しかし、ここで姚賈が裏で動くことにより回避する展開になるのでしょうか?

合従軍を組ませないことは容易ではありませんが、姚賈が何十年もいろいろな国のスパイとして潜伏していた経験から、それができるというのは秦国にとって大きなメリットです。

逆に言うと、これしか防ぐ方法はなさそうですが、ここで昌平君の三本の柱が重要になるでしょう。

キングダムネタバレ最新話801話の考察|昌平君のいう戸籍作りとは…

昌平君が三本の柱の一つとして掲げたのが、「戸籍作り」ですが、これは今後の中華統一にどう関係してくるのでしょうか。

これはおそらく、歴史上で商鞅(しょうおう)という人物が行ったとされている変法(へんぽう)と呼ばれる国政改革のことを指しているものだと思われます。

商鞅とは、キングダムでも過去に名前に上がったキャラクターでもありますが、すでに過去の人となっていますが、秦史において、范雎(はんしょ)と並んで二大丞相とされていた人物と紹介されています。

その商鞅の変法の中に、「戸籍を設け、民衆を五戸、十戸で1組に分ける什伍の制」というものがありますが、今回の昌平君の戸籍作りはおそらくこちらを指すものだと思います。

簡単に言うと、この組の中で罪を犯した者がいて訴え出ない場合は、組全体が罰せられるといった連帯責任制度です。

逆に訴えた者は、戦争で敵の首を取った功績と同じものが与えられるといったところです。

キングダムでは、こちらを昌平君が提案した形を取ったということでしょう。

キングダムネタバレ最新話801話の考察|爵位制は諸刃の制度

前項で少し触れた爵位制ですが、この制度は明らかに諸刃の剣と言えるでしょう。

この制度を作ることにより、貴族などの地位の高い者たちからの反発は避けられません。

昌平君の今後については、史実からある程度読み取れますが(キングダムが史実通り進むとは限らないけど)、そのきっかけになるのが高位の者たちからの爵位制への反発だと思います。

詳しい説明はこの場では避けますが、いずれ昌平君が秦国を去ることが予想されますので、それを爵位制と結びつける展開があるのではないでしょうか。

キングダム 801話:どこで読むか

キングダム801は、2024年 6月 24日smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム 800話 RAW  – Kingdom 800 RAW 

結論

  キングダム 802話 ネタバレ|・羌瘣将軍へ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *