呪術廻戦 263話 ネタバレ|紫の不発と狗巻棘が完全戦闘不能!

『呪術廻戦』第264話のファンは、ゲゲ秋田実によるエキサイティングな日本の漫画シリーズの最新刊である第264話の公開を待ち望んでいます。

第264話のリリース日が近づくにつれて、ファンたちは物語の次なる展開を熱望し、利用可能なスポイラーや未加工のスキャンを熟読しています。

カウントダウンが始まり、『呪術廻戦』の愛好者たちは呪い、魔法、東京都立呪術高専の生徒たちの世界に再び飛び込むことを待ち切れません。

呪術廻戦 263話 ネタバレ|紫の不発と狗巻棘が完全戦闘不能!

呪術廻戦 264話: 発売日

呪術廻戦264話は2024年7月15日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月11日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦264話 Raw – Jujutsu Kaisen 264 Raw 

呪術廻戦 263話: 要約とレビュー

リカが怒りに任せて暴走する可能性について考えてみましょう。

まず、乙骨五条が死んでしまった場合、リカの運命はどうなるのか、予測がつきません。

リカは乙骨と共に消えることもあり得ますし、その際にリカが暴走し、宿儺との戦いに介入する可能性もあります。

また、怒りだけでなく、完全な絶望感に陥り、完全顕現が5分も持たずに終わってしまうか、さらには3分間の結界を維持できずに完全顕現が中断される可能性も考えられます。

リカが暴走した場合、その後の展開はどうなるのでしょうか。一説には、リカが一億人呪霊になる可能性もあります。

リカの暴走が宿儺を倒すことは難しいでしょうが、乙骨五条が宿儺に大ダメージを与えて死亡すれば、リカの暴走が最終的な決着を迎えるかもしれません。

万が一宿儺を倒しても、乙骨を失った悲しみや怒りは消えず、リカが呪霊化する展開も十分に考えられます。

羂索は自らの死を前提に、乙骨の技術をリカが模倣することを計画していたのではないでしょうか。これは一億人呪霊としてのプランBとして準備された展開かもしれません。

呪術廻戦 264話: ネタバレと予想

呪術廻戦264話ネタバレ考察!乙骨五条が「蒼」を使った理由!

第264話では、乙骨五条が宿儺との戦いの中で「蒼」を使用するシーンが描かれました。

この「蒼」とは、無下限呪術の吸引力をさらに強化したもので、ブラックホールのような強力な吸引力を発生させる技です。

この技の使用と、狗巻棘の声がボイスレコーダーから聞こえてくる場面について、考えられるシナリオを詳しく解説します。

まず、「蒼」を使う理由について考察します。

乙骨五条は戦闘中に時間を稼ぐ必要がありました。

これは「紫」を使うための準備時間を確保するためです。

「紫」は「蒼」と「赫」を組み合わせた技であり、強力ですが、その発動には時間がかかることが知られています。

乙骨五条は宿儺との戦いの中で、「蒼」を使って一時的に宿儺の動きを封じ、その間に「紫」を準備するという作戦を考えていた可能性が高いです。

次に、ボイスレコーダーの使用について考察します。

Sukuna and Itadori Yuji HD Wallpaper - Jujutsu Kaisen Anime by patrika

呪術廻戦264話ネタバレ考察!蒼→狗巻棘の「動くな」→紫

ボイスレコーダーには狗巻棘の「動くな」という言葉が録音されていました。

この言葉は狗巻の呪言であり、聞いた者の動きを強制的に止める力を持ちます。

乙骨五条はこのボイスレコーダーを戦略的に利用した可能性が高いです。

具体的には、事前にボイスレコーダーを用意し、再生ボタンを押してから一定時間後に狗巻の声が再生されるように設定したのではないかと考えられます。

ボイスレコーダーの配置についても考えてみます。

乙骨五条は戦闘開始前に、ボイスレコーダーを宿儺の近くに隠しておく必要がありました。

たとえば、戦闘エリア内の目立たない場所に設置し、乙骨五条自身が宿儺をその位置に誘導しながら動くことが考えられます。

再生タイミングについては、乙骨五条が宿儺と接触してから10秒後に狗巻の声が再生されるように計算していた可能性が高いです。

呪術廻戦264話ネタバレ考察!「紫」は成功しない理由

第264話では、乙骨五条が宿儺との戦いで「蒼」を使用し、その後「紫」を放とうとするシーンが描かれました。

しかし、この「紫」は成功せず、宿儺に大きなダメージを与えることができないと予想されます。理由について詳しく解説します。

まず、「紫」という技について考えます。

「紫」は無下限呪術の中でも特に高難易度の術式であり、五条悟が20年以上の歳月をかけて習得したものであることが知られています。

この技は、「蒼」と「赫」という二つの術式を組み合わせたもので、圧倒的な破壊力を持つ反面、その発動には高度な技術と緻密なコントロールが必要です。

乙骨五条は五条悟との一時的な入れ替わりによってこの技を使おうとしましたが、その成功には疑問が残ります。

乙骨五条が「紫」を発動することができないと考える理由の一つは、その技術的な難易度です。

Sukuna from Jujutsu Kaisen HD Anime Wallpaper by patrika

呪術廻戦264話ネタバレ考察!一度の入れ替わり「紫」を習得できるはずがない!

五条悟は20年以上かけて「紫」を習得しましたが、それは単に時間の問題だけでなく、彼の才能と訓練の賜物です。

乙骨五条が一度の入れ替わりでその技術を完全にマスターすることは、極めて困難です。

もし一時的に技をコピーできたとしても、その精度や威力が五条悟と同等であるとは考えにくいでしょう。

さらに、乙骨五条が「紫」を発動できたとしても、その攻撃力や殺傷能力についても疑問が残ります。

五条悟の「紫」は、彼の膨大な呪力と精緻な制御によって初めて成り立つものであり、その破壊力は並外れています。

しかし、乙骨五条が同じレベルの威力を持つ「紫」を放つことができるかどうかは不確実です。五条悟の経験と技術があってこその威力であり、乙骨五条がそれを完全に再現することは難しいと考えられます。

また、宿儺の耐久力と戦闘能力も考慮する必要があります。

このように、技術の継承と再現性に関するテーマは、多くのアニメやマンガで重要な要素ですね。特に、強力な技術や力を持つキャラクターの能力の源泉として描かれることが多いです。この話題について、他にどんな作品で興味深い例がありますか?

呪術廻戦264話ネタバレ考察!乙骨五条で宿儺を倒すことはできない…

宿儺は並の術式では倒すことができないほどの強さを持っており、多少のダメージでは致命傷にはならないでしょう。

乙骨五条が「紫」を放ったとしても、その威力が十分でなければ、宿儺に大きなダメージを与えることはできず、結果的に決定打にはならない可能性が高いです。

このような状況から、乙骨五条が「紫」を発動しようとする試みは、戦術的には理解できるものの、その効果は限定的であると予想されます。

宿儺を倒すには、さらなる工夫や別の戦略が必要になるでしょう。乙骨五条がどのように戦術を展開し、宿儺との戦いを続けるのかが今後の注目点です。

次に、乙骨五条が「紫」を発動しようとした意図について考察します。

乙骨五条は宿儺との戦いにおいて、自分の持てる全ての力を尽くして挑んでいることは明らかです。

Jujutsu Kaisen Mystic Sukuna Fondo de Escritorio - Anime Wallpaper

呪術廻戦264話ネタバレ考察!釘崎の復活!

釘崎が渋谷地変での戦闘後、行方不明になってから数か月が経ちました。その後、彼女の消息についてはほとんど情報がありませんでしたが、最近の展開から、彼女の復活の可能性が高いことが示唆されています。

まず、渋谷地変における釘崎の戦いについて考察します。ジレマヒとの激しい戦闘の中で、釘崎は特殊な術式を使用していました。

この術式は、魂に直接影響を与えることができ、相手の肉体を破壊することなく魂そのものにダメージを与えることが可能でした。しかし、釘崎自身も重傷を負い、特に左目の部分が吹き飛ぶほどの大きなダメージを受けました。

その後、日田によって応急処置が施され、釘崎の傷は一時的に固定されました。日田の術式によって傷口が固定されることで、釘崎の生命が救われたと言えます。しかし、その後の釘崎の動向については作中で明確に語られておらず、未だに彼女の行方は不明のままです。

崎の復活は物語にとって重要な展開となることが予想されます。その過程で反転術式の役割が大きくなることは間違いありません。読者としては、今後の作品展開に期待が高まるばかりです。

呪術廻戦264話ネタバレ考察!『天元=本物の宿儺』の可能性

『天元=本物の宿儺』の可能性について考察していきたいと思います。

芥見下々先生のファンブックのQAにおいて、宿儺が「見た目も強さも宿儺っぽいから宿儺と呼ばれていた人」という回答がありました。この点から考えると、現在の宿儺は本物の宿儺ではなく、単なる称号や名前を受け継いだ者である可能性が考えられます。この場合、本物の宿儺は別に存在し、その正体がまだ明らかにされていないと考えられます。また、宿儺の着物が女性の着物に近いことについても言及されています。この点は、本物の宿儺が女性であった可能性を示唆しています。この仮説に基づくと、現在の宿儺は本物の宿儺とは異なる性別であるか、または本物の宿儺を模倣しているだけである可能性が高いです。

次に、『天元=本物の宿儺』という仮説について考えてみましょう。天元は『呪術廻戦』の世界における重要なキャラクターであり、その能力や役割は非常に特殊です。天元は不老不死であり、長い年月を生き続けてきた存在であるため、その過去には多くの秘密が隠されていると考えられます。もし天元が本物の宿儺であったとしたら、宿儺の力や知識を持つだけでなく、その正体を隠すために長い間別の姿を取っていた可能性が高いです。また、天元の能力は結界術に関するものであり、非常に強力です。この能力が宿儺の力と関連している可能性も考えられます。

このような設定やキャラクターの秘密について、興味深いですね。この作品でのキャラクターの過去や能力に関する伏線や理論は、どのような展開を期待させますか?

呪術廻戦 264話:どこで読むか

呪術廻戦 264は、2024 年 7月11日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦264話 Raw – Jujutsu Kaisen 264 Raw 

関連名

Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 264
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 264
Juujutsu Kaisen 264
Lanet Savaşları 264
Sorcery Fight 264
Магическая битва 264
Магічна битва 264
ججك 264
جوجوتسو كايسين 264
مكافحة السحر 264
जादुई लडाई 264
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 264
呪術廻戦 264
咒术回战 264
咒術迴戰 264
주술회전 264

  呪術廻戦252話 Raw – Jujutsu Kaisen 252 Raw English

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *