呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|虎杖は超人レベルの結界術で宿儺を圧倒する?

呪術廻戦 263話: 発売日

呪術廻戦263話は2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月4日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|虎杖は超人レベルの結界術で宿儺を圧倒する?

呪術廻戦 262話: 要約とレビュー

虎杖は呪術師に関わる前から、人間離れした身体能力を所持。

宿儺は虎杖は自分の片割れの魂を持った人間の間から生まれたかもしれないと言っていました。

その事から高い身体能力は片割れの影響の可能性があります。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

宿儺が言っているだけなので信ぴょう性は微妙ですが、もしそうならその片割れは宿儺と同等の能力があると踏んで間違いないでしょう。

同時に虎杖の身体能力の高さも頷けます。

虎杖のピンチに駆けつけた東堂ですが、相手が相手なので無策で来たわけではない筈。

確実に勝つために何らかの秘密兵器を潜ませている可能性が大です。

これも恐らく冥冥との会談の中で、彼女から渡された可能性があります。

そして宿儺との戦いの中で、ほんの僅かでも隙を見せたら秘密兵器を繰り出して、ダメージを与えて虎杖をアシストするでしょうね。

呪術廻戦 263話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にならないのはなぜ?

263話では、虎杖の防御力が格段に向上し、宿儺の打撃や斬撃にも耐えていました。

なぜ虎杖は宿儺の攻撃が致命傷にならないのでしょうか。もちろん、虎杖の強靭さもありますが、宿儺の魂の一部が虎杖に宿っているためではないかと思います。

263話で、虎杖の父である仁に宿儺の片割れの魂が宿っていたことが判明しました。これにより、息子である悠仁にも宿儺の魂の一部が宿っている可能性が高いです。

実際、虎杖は宿儺の術式である「御厨子」を使用できています。威力は劣るものの、この点からも宿儺の片割れの魂が宿っていると考えられます。

ここで、五条と宿儺の戦いを振り返ると、235話で五条が虚式「茈(むらさき)」を炸裂させた際、五条自身が爆心地にいましたが、宿儺と比べて軽傷で済んでいました。このことから、自身が使用できる術式を術者が受けると、従来のダメージが軽減される可能性が高いです。

同様に、虎杖も「御厨子」を使用できるため、宿儺の斬撃のダメージが大きく軽減されているのではないでしょうか。

以上のことから、宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にならず、虎杖が怯まずに戦える理由の一つとなっているのかもしれません。今後、虎杖が宿儺にとって初めての天敵となるかもしれませんね。

Yuji Itadori Mort JJK : le personnage va-t-il mourir dans Jujutsu Kaisen ? - Breakflip

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|三輪が新宿決戦に残留した理由

263話では、宿儺が即席の伏魔御厨子を発動させ、虎杖たちに対抗しました。その際、高専術師たちは簡易領域を使って攻撃をしのいでいたようです。

その様子をよく見ると、髪の長い人物が真希を守っているのが確認できます。この人物はおそらく、京都校の三輪霞だと思われます。

三輪は渋谷事変の際、羂索に一太刀を浴びせようとして刀を振るうことができなくなっていました。また、それ以前からも実力不足であることが何度か描写されていました。日下部からも「100%瞬殺される奴」の例として名前を挙げられていました。

絶対に前線には送れないと言われていた三輪でしたが、なぜか決戦の様子をずっと見守っていました。

三輪が簡易領域で真希を宿儺の領域から守ったことで、その理由が判明しました。領域の必中効果に真希は認識されませんが、宿儺はその点も考慮して真希を捉える対策を講じた領域を使ってくることが想定されていたのでしょう。

つまり三輪は、宿儺の真希対策への対抗策としての役割を持って、あの場にいたということになります。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|宿儺と虎杖が共振している証拠がある?

259話で東堂と冥冥の会話によると、虎杖と宿儺が共振している可能性があるとのことでした。そのため、東堂は虎杖に作戦の一部を隠しておくよう冥冥に話していましたよね。

この対応が大正解だった可能性が、実は過去にすでに描写されています。223話で、宿儺が満象を応用して穿血を再現してみせたシーンです。血液を使ったものではなかったものの、脹相が驚いていたことから、あの技は穿血の動きで間違いなさそうです。

あの時、宿儺が穿血の動きをできた理由ははっきり描かれていませんでした。しかし、259話で虎杖が赤血操術の特訓をしていたことが描写されました。さらに、虎杖と宿儺に共振が起こる可能性が指摘されたわけです。

これらのことから、虎杖と宿儺に共振が発生し、虎杖が習得した赤血操術のコツが宿儺にも伝わった可能性が考えられます。

もし虎杖から無意識に宿儺に情報が流れているのだとしたら、東堂の対応はまさに大正解だったことになりますね。

Gojo vs Sukuna Epic Showdown - Jujutsu Kaisen HD Wallpaper by patrika

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|裏梅は水道管の水を利用して秤を凍らせる?

263話では、裏梅が冷気で建物の水道管を破裂させ、漏れ出た水が雨のように降り注いでいました。裏梅があえて水道管を破裂させたのは、水の一つ一つの雨粒に向けて「霜凪(しもなぎ)」を放ち、秤を建物ごと凍らせるためではないでしょうか。

なぜなら、坐殺博徒の効果で無敵状態にある秤を倒すには、彼の脳の活動を停止させることが必要だからです。秤の反転術式は、裏梅に五条や宿儺を凌ぐと言わせるほどの脅威的な回復力を誇りますが、唯一の弱点があります。それは、脳の活動が停止した状態では反転術式を使うことができないという点です。

この弱点を突くには、秤の体全体を凍らせることが有力な手段であり、裏梅の勝利条件にもなるでしょう。裏梅の「霜凪」は、呪力を対象にぶつけることで対象を凍てつかせることができると263話で判明しました。今回、術式の対象を水道管から漏れ出た水にすることで、秤の周りから凍らせて逃げ場をなくし、秤を確実に凍らせようとしているのではないでしょうか。

秤の頭を凍らせることに成功すれば、脳の活動を停止できる可能性が高まります。さらに、この状態で秤の頭を砕くことができれば、裏梅の勝利は確実となるでしょう。裏梅は水道管から漏れ出た水を利用して秤の全身を一気に凍らせることで、仕留めようとしているのではないでしょうか。

今後の物語で、周囲の環境を利用した裏梅の巧妙な戦い方が見られるのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|虎杖は黒閃を狙って出すことができる?

263話では、虎杖が宿儺との戦いで初めて黒閃を出していましたよね。

過去の戦いを見ると、虎杖って他の術師よりも黒閃を高確率で出す力を持ってるんじゃないかな。例えば、花御戦で初めての黒閃を出した後、そのまま4回連続で黒閃を発動してたし。

それから、渋谷事変での真人戦でも、虎杖は1回目の黒閃を発動した後、東堂の助けもあって2回目の黒閃を発動して、真人を追い詰めてたんだよね。

こう考えると、虎杖は一度黒閃を出すことに成功したら、その後も立て続けに黒閃を出すことが多いみたいだね。

あと、263話に出てくる「黒閃の予感」ってフレーズ、作中では虎杖だけにしか言及されてないよね。これって、作者が虎杖と黒閃に何らかの繋がりを匂わせてるんじゃないかなって思うんだ。

さらに、263話の冒頭で五条が黒閃の説明をしてるシーンも、虎杖と宿儺が黒閃を出した回で描かれてて、ちょっと意味深だよね。

五条の説明から考えると、虎杖は他の術師に比べて、周りの環境や拳に纏わせる呪力のコントロールが上手いんじゃないかな。その結果、黒閃を連続で出せるんだろうね。

今後、虎杖が七海の連続記録を塗り替えるほどの黒閃を、宿儺に叩き込む展開があるかもしれないね。楽しみだな。

呪術廻戦 263話:どこで読むか

呪術廻戦 263は、2024 年 7月4日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

結論

  呪術廻戦 257話 ネタバレ|乙骨再び参戦はある?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *