呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

呪術廻戦 263話: 発売日

呪術廻戦263話は2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月4日smanga.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|乙骨五条の登場とその強さ

呪術廻戦 262話: 要約とレビュー

悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がなかった。

ここで悠仁と伏黒の間に大きな差がはっきりした。

悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがあったが、伏黒にはそれはなかった。

悠仁にとっては大誤算だったんじゃないかな?

👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

そんな伏黒だけど、もう復活のチャンスはないのかな?

状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているから、もう伏黒を救う余裕はなさそうだけど、悠仁を救ったのは伏黒だった。

悠仁が伏黒を見捨てるとは思えない。

可能性は低そうだけど、まだ伏黒の復活に期待してもいいのかな!?

宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の走馬灯。

その中で、日下部との会話が意味深い。

「死後呪いが強まることはないわけじゃない」

Jujutsu Kaisen's Yuji Needs One Key Technique to Defeat Sukuna

呪術廻戦 263話: ネタバレと予想

呪術廻戦【263話ネタバレ】なぜ狗巻棘が拘束されているのか?

その理由は、乙骨を利用するためだと思う。

乙骨と狗巻棘は同級生で、乙骨は狗巻棘を利用して虎杖を処刑するための動機を作ろうとしたらしい。

でも、乙骨は事前に五条から虎杖のことを聞いていて、実は狗巻棘を救出するために演技してたことがわかった。

そして、表向きには乙骨はしっかりと任務を果たしたから、それを考えても狗巻棘を救出できたんじゃないかなって思う!

呪術廻戦【263話ネタバレ】5分後の暴走の可能性

漫画的にも、「乙骨五条」が5分後に自滅するなんて展開はつまらないから、肉体が暴走する可能性が高いと思う。

実際、過去の渋谷事変では、夏油の肉体が暴走するシーンがあったよね。

五条悟の声を聞いた夏油が自分の首を握って、羂索に攻撃しようとしたシーン。

このシーンでは、肉体は魂であり、魂は肉体っていう概念が描かれてた。

リカちゃんの完全権限時間が切れて術式が使えなくなっても、五条悟の肉体にはその魂が宿ってるから、暴走する可能性があるんだよね。

5分後に「乙骨五条」が暴走して、周囲に甚大な被害を与える展開も十分にありえる。

こんな展開は、呪術廻戦のストーリーとしてすごく魅力的で、読者の期待を裏切らないよね。

Jujutsu Kaisen: Với sức mạnh mới, Yuji Itadori sẽ lấy lại hào quang của nhân vật chính | ONE Esports Vietnam

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨が六眼を完璧に使いこなす

五条悟の圧倒的な術式と戦闘経験は、一朝一夕で習得できる価値がある。

だから、乙骨の場合は術式の使用許可が多いんだ。

例えば、六眼の使用は5分で限界に達したり、連続使用するとクールダウンが必要になることがある。

そうした制限が、乙骨が五条の力を借りる中で成長し、徐々にそれを乗り越えていくドラマチックな要素になるんだ。

こういうピンチの場面では、五条の精神が乙骨に助言を与える場面が描かれるかもしれないね。

呪術廻戦【263話ネタバレ】五条が乙骨をサポート!

五条が「死んだら好きにしていいって言ったのに全然使えてないじゃん!」って乙骨に言って、彼の存在が依然として乙骨を導いてるって示されるんだ。

その瞬間、乙骨は五条のおかげで完全に六眼の力を手に入れると予想されてる。

五条の精神が乙骨を導くって設定は、乙骨の成長物語にとって大事な情報を伝えるわね。

五条のアドバイスや指導を受けて、乙骨は自分の限界を乗り越えて、もっと強力な術者に成長する可能性があるんだ。

それによって、乙骨が自分の力を信じて、五条の影響から脱して独自の術者の道を歩む過程が効果的に描けるわ。

乙骨が六眼を使いこなすためには、たくさんの試練が待ってると思うわ。

それに、五条の力を使う乙骨が他のキャラとの対立や協力を通じて、どう物語を進めるかが楽しみだよね。

彼らが敵や呪霊との戦いを通してどう成長して、どんな新たな力を発揮するのか、期待が高まるね。

乙骨の成長には、彼の過去や仲間たちとの絆も大きく影響するはず。

五条の教えを受けながらも、自分の道を探す乙骨の姿に、多くの読者が感情移入すると思うよ。

乙骨が真の術者としての自覚を持ち、独自の存在として成長するために、これが重要な一歩になるんだろうね。

Gojo Vs Sukuna, 54% OFF | portcoquitlamdrivingschool.com

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨は死亡する

そして、これからの展開で気になるのは、やっぱり最終決戦で乙骨が死んでしまうかどうかだよね。

実際、乙骨が死ぬ可能性の方がかなり高いと思うんだ。

だって、乙骨は五条悟と脳みそを入れ替える決断をしたけど、そんなリスクを承知で行動したわけだから、生き残るのはかなり難しいと考えられるよね。

でも、果たして乙骨が本当に死んだのか、それとも何かしらの方法で生き延びたのか、色んな角度から考える必要があるよね。

まず、五条悟と脳みそを入れ替えたこと自体がかなり危険で、リスクが高いことは言うまでもない。

脳の入れ替えっていうのは、普通の医療技術ではほぼ不可能で、呪術を使っても成功する保証はないからね。

だから、乙骨がそんな行動をとった時点で、かなり危険な状況にあったと思うんだ。

それに、五条悟は呪術界で最強と言われる人だから、その力を継承するのは乙骨にとってかなりの負担だろうね。

呪術廻戦【263話ネタバレ】脳みそ入れ替えの代償

だから、乙骨が五条の力を完全に受け継げなくて、その結果命を落とす可能性はかなり高いと考えられるんだ。

でも、乙骨が死んだかどうかはまだ確定的な情報がないから、完全に死亡したとは言えないんだよね。

呪術廻戦の世界では、キャラクターたちが生死を超える能力を持ってることが多いから、乙骨が何らかの方法で生き延びる可能性もあると思うんだ。

例えば、乙骨の特異な能力や呪力を使って、自分の体を再生したり、別の形で蘇ったりすることができるかもしれないよね。

呪術廻戦 263話:どこで読むか

呪術廻戦 263は、2024 年 7月4日に「smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

結論

  呪術廻戦 263話 ネタバレ|紫の不発と狗巻棘が完全戦闘不能!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *