ブルーロック267話 ネタバレ|フランスPXGとの戦況は!?

ブルーロック第267章は、世界中の読者の心と心を勝ち取りました。魅力的なストーリーと引き込まれるキャラクターがあり、これには深い魅力が詰まっています。ブルーロックは金城宗幸によって執筆され、野村優介によって挿絵が描かれています。この作品は、2018年8月に講談社の有名な週刊少年マガジンでデビューし、それ以来、読者を虜にしています。

ブルーロックは、日本で最も人気のあるマンガシリーズの一つです。スポーツ、ドラマ、アクションの独自の融合により、独応なファンベースを築き上げました。

一緒にブルーロックをより詳しく探求し、世界中のマンガファンがなぜこれを読むべきかを学ぶ冒険にご参加ください。

ブルーロック267話 ネタバレ|フランスPXGとの戦況は!?

ブルーロック 267話: 発売日

2024年7月4日(水)発売の週刊少年マガジンに掲載しているブルーロック267話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。ただし!ブルーロックは、2024 年6 月29日smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: ブルーロック267話 RAW – Blue Lock 267 RAW

ブルーロック 266話: 要約とレビュー

ここまでは、潔世一が覚醒し潔世一中心の戦術を強固にするために、ノアが黒名をピッチに立たせましたが、カイザーの覚醒が近づくにつれて様相が変わってきましたよね。

ここからのバスタードミュンヘンは、潔世一とカイザーの二枚看板的な戦術を余儀なくされてくることでしょうが、ノアはこうなることを予想していたというか、望んでいたんですかね。

おそらくノアの描いた戦況のはならず、カイザーの覚醒が勝ってしまった形でしょうが、今後は両者の共存は成立するのでしょうか。

カイザー自身は、殻を破るためにネス以外のメンバーにボールを渡しているように、今後は潔世一にもパスを出すシーンが訪れても何ら不思議ではありません。

ただ、共存の前に潔世一自身が喰われてしまい孤立してしまう可能性もあるため、潔世一自身も何らかのピースが欲しいですね。

新技の二銃式直蹴弾もまだまだ再現性が乏しいようですし、あれは國神などの助けがあって完成した技でもあります。

今回、境界線を見極めて潔世一ではまく、カイザーへのパスを選択した清羅ですが、これで今後はカイザーにつくことが確定なのでしょうか。

個人的には、そんなことはなく、今後は潔世一にもちゃんとパスを供給すると思っています。

その理由としては、清羅の境界線というものが、誰に付くのかを選択したわけではなく、その局面において最善の選択をするというものである可能性が高いと感じているからです。

今は全ての関心が潔世一に集中しており、どう考えてもカイザーを使う方がゴールへの可能性が高かったわけですからね。

つまり、潔世一とカイザーの共存の前に、清羅がチームの核となり二人のその時のゴールへの可能性の近い方へパス供給という流れができるのではないでしょうか。

潔世一にしても、カイザーが覚醒し周りの意識がカイザーに向かえば、自分自身もかなり楽にプレーできるようになるはずです。

ブルーロック 267話: ネタバレと予想

ブルーロックの267話のネタバレ最新話!メタビジョン対決が再び!?

ブルーロック第267話では、潔の特殊能力「メタビジョン」を他のキャラも使えるのか注目だね。

その後、イタリア・ユーヴァースが多彩なコンビネーションを見せるけど、潔が「超越視界(メタビジョン)」で見切ってボールを奪うんだ。

でも、即座に二子が潔を止めて、なんと二子まで「メタビジョン」の境地に至っていたんだよ。

これで二子も潔やカイザー並みの視野の広さと思考能力を持っていることになるね。

さらに、アイクもメタビジョンを使っている節があって、この後もまだメタビジョン使いが出てきそうだ。

あとあり得るとしたら、糸師凛かな。

メタビジョンに至った者同士で、267話では高度な読み合い対決が繰り広げられそうだね。

Game Anime Blue Lock Project: World Champion Segera Rilis! - KINCIR.com

ブルーロックの267話のネタバレ最新話!フランスPXG(パリエクスジェン)との戦況は!?

ブルーロック第267話では、PXG(パリエクスジェン)戦に注目だね。

糸師凛がまるで人外の存在になっていて、凪すらも圧倒してハットトリックを決めてたんだ。そしてそんなダブルスタンダードを実現できているのは、フランスの司令塔であるシャルル・シュヴァリエの存在があるからなんだよね。

これでフランスとドイツは共に全勝同士で、最終戦が1位決定戦となるんだ。

そしてジュリアン・ロキがフランスPXGの最後の作戦を話していて、これまで糸師凛と士道龍聖の2つのシステムを交代で運用していたところ、最終戦では糸師凛と士道龍聖を一緒に出すことにするんだって。

これによって、バスタード・ミュンヘンにおける潔&カイザーの変則・変態システムと同じ形になり、最終戦はノーガードの殴り合いになりそうだね。

そして最終戦を迎える潔たちに檄を飛ばして、ついにキックオフを迎えるんだ。

潔やカイザー、糸師凛、士道龍聖だけじゃなく、ピッチにいる全員が最高のパフォーマンスを見せて、中継を見ている全世界のサッカーファンが沸いてたよ。

一方で、潔が守備に気を取られている間に、カイザー、ネス、グリムが連携して敵陣に突っ込んでいく。そしてカイザーが相手DFをかわしながらカイザーインパクトを叩き込もうとした瞬間、糸師凛が背後からボールを奪うんだ。

そして糸師凛はカイザーや潔のブロックをかわしてシュートにいくけど、最後は氷織羊が止めてる。

その後、シャルルは士道龍聖にパスをつないで、士道龍聖のヘッドでフランスが先制点をあげたんだ。

これで潔、氷織、國神が組むことになって、一方で氷織はシャルル、國神は士道龍聖とバチバチにやり合っていて、氷織も國神も「こいつを超える挑戦が『最高』を引き出す条件」って悟ったんだ。

そして潔が國神を煽って、氷織も連れて3人で化学反応を起こそうとしてる。

ブルーロックの267話のネタバレ最新話!糸師凛をどうやって止める?

ブルーロック第267話では、糸師凛をどうやって止めるのかに注目だね。

糸師凛はもはや身体能力が人外の化け物レベルに達していて、ブルーロックのメンバーでは真正面から止められる人はいないんじゃないかな。

今回は、糸師凛の化け物じみた能力やその圧倒的な決定力が描かれそうだね。

Blue Lock' Announces Second Season, Cinematic Adaptation Of Spin-Off Manga  'Episode Nagi' - Bounding Into Comics

ブルーロックの267話のネタバレ最新話!雷市が覚醒する?

ブルーロックの第267話では、雷市が覚醒するかどうかが注目されています。

雷市はブルーロックが始まった当初、チームZとして潔と同じ組に所属しており、長い付き合いです。

しかし、今までのストーリーの中で派手に覚醒したシーンがまだありません。

今後、雷市がどのように成長していくのか、本当に楽しみですね。

ブルーロックの267話のネタバレ最新話!五十嵐栗夢(イガグリ)が覚醒する?

ブルーロックの第267話では、五十嵐栗夢(イガグリ)が覚醒するのかどうかが注目されています。

イガグリはチームZの頃から身体能力もテクニックも最低レベルで、作中ではマリーシアを覚えて生き残るなど、ブルーロックの中でもひときわ凡人らしさを発揮しています(笑)

それでもネオエゴイストリーグまで生き残っているという実績から考えると、この凡庸さが逆に覚醒した時の驚きを増すことになりそうです。

今後、イガグリが覚醒し、潔にとってラスボス的な存在になるのか、とても興味深いですね。

ブルーロックの267話のネタバレ最新話!得点王は潔?馬狼?糸師凛?

ブルーロックの第267話以降ではネオエゴイストリーグの得点王が誰になるのか注目です。

潔は加速度的に成長しており、メタ・ビジョンを駆使して得点も決めていますが、他のキャラも同様に成長しています。

特にイタリアの馬狼はチーム全体でボールを集め、確実に決めているために圧倒的な得点数となっています。

さらに糸師凛も人外の化け物として進化し、マンシャイン・C戦でハットトリックを決めました。

最終的にネオエゴイストリーグの得点王が誰に輝くのか、とても楽しみですね

ブルーロック 267話:どこで読むか

ブルーロック 267は、2024 年6月29日smanga.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ブルーロック267話 RAW – Blue Lock 267 RAW

結論

  ブルーロック 262話 RAW – Blue Lock 262 RAW

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *